卒園式・卒業式の母の服装は?守るべきマナーは?

卒園式・卒業式は 一生に一度の子どもの門出をお祝いする大切な日です。マナーを守ったフォーマルな服装が望ましいもの。子どもが主役とはいえ、それとなく母親のおしゃれチェックもされてしまうので、失敗はしたくありません。卒園式・卒業式はフォーマル、セミフォーマルの服装が望ましいのですか、最近は結婚式に出席ですか??と場違いな服装のママを見かけることが多くなりました。

特別な日にはきちんと押さえておかなければいけないマナーがあります。
知らずに恥ずかしい思いをしないようにしましょう。

卒園式・卒業式の服装はワンピースだけではだめ?

●卒園式・卒業式の服装はジャケットが基本。 セミフォーマルな場でもある卒園式・卒業式には、厳かな場にふさわしいジャケット着用で参列するのが望ましいとされています。式の前後などは脱いでいてもかまいませんが、会場ではきちんと袖を通して着ましょう。

●ワンピースでもジャケット重ねがベター。 ものによっては一枚でもきちんと見えそうなワンピースですが、基本的にはジャケットを重ねて。ワンピースの色と合わせても良いし、ダークカラーのワンピースに少し明るめカラーのジャケットにするなど色を変えれば、上着を着用した時と脱いだ時とで印象が変えられます。

●この時期は意外に寒いです。お天気のチェック、防寒対策もあわせてしておきましょう。

スーツの色は?明るめで大丈夫?

・卒園・卒業式では派手すぎない紺や黒などの色を選んだり、袖ありや膝下丈のデザインで露出は控えめにしましょう。きちんと感のある厚めの素材が望ましいです。

学校によっては黒か紺と決められてる場合があります。事前にチェックしておきましょう。

・白や明るめの華やかなスーツは入園式・入学式に着用するのが望ましいです。基本的に卒園式・卒業式の保護者の服装は黒か紺というのが一般常識です。

アクセサリーバックは?

・コサージュはシックなデザインがおすすめです。色の深いネイビーを選ぶと、上品かつ高見えします。大き目のコサージュはなるべく控えましょう。

・卒業式はダーク系のコサージュ、入学式はパステル系のコサージュなど、使い分けるのもよいでしょう。

・バックは靴の色と揃えると良いでしょ。ブランドバックはあまり好ましくありません。

・卒園式や卒業式ではなにかと持ち帰る荷物があるもの。そんなときサブバッグがあれば役立ちます。セレモニー用に買ったバッグにセットでついていると重宝します。

守るべきマナー3つ!

携帯電話は音が鳴らない設定に!

式中に電話が鳴って、雰囲気を台無しにしてしまわないように、会場に入る前に必ず設定を確認しておきましょう。アラームがOFFになっていることの確認もしましょう。

知り合いのママ友とのおしゃべりも気を付けましょう。ずーっとおしゃべりしてるママ達、本当にいます。近くの席の場合はせっかくのセレモニーが台無しになります。周りを気遣いましょう。

撮影の際も心遣いを忘れずに!

かわいい我が子の門出を記録したいのは、親なら当然のこと。その際も周囲への心遣いが大切です。席で立ち上がったり、歩き回りながらの撮影はNG。入退場時に声をかけるのも迷惑をかけるのでやめましょう。

小さな子連れは気を付けて!

ぐずったときは、式の雰囲気を壊さないうちに途中退席しましょう。あらかじめ退席しやすい席に座るようにすると、いざというとき便利です。子供はじっとしていられないものなので、音が鳴らない小さなオモチャや、飴やグミなどのお菓子を用意して備えておきましょう。

まとめ

・ずばり、スーツは黒か紺。シックに上品にきめましょう。

・バックと靴の色は合わせて、ブランドバックは使わない。

子どもの晴れの場所である、卒業式・入学式。フォーマルな中にも自分らしさを取り入れたファッションで、新しい門出を祝いたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました