40代再就職、こんな人は採用されない

再就職を目指す人たちにとって、履歴書や面接は人事担当者に自己アピール
できる絶好のチャンスです。

せっかくうまく自己アピールできても、ルールやマナーの悪い人は

「採用したくない人」と思われてしまいます。
今回は履歴書を書く時や、面接時のNGについてをまとめてみました。

こんな人は採用されない 履歴書編

・タウン誌などに載っている履歴書用紙を使う
きちんと市販されているものを使いましょう。

・写真の人相が悪い、暗いイメージがある
・字がきたない、小さすぎて読みにくい字
・字を訂正してある
・新卒と同じような書き方をしている
・ありきたりの志望動機を書く
「自分にあっていると思うので」「自分の力が活かせると思ったので」といった
漠然したものでなく、もっと具体的に自分の言葉で書くようにしましょう。
・空欄が多い

こんな人は採用されない 面接編

・指定された時間に遅れる
約束が守れない人は責任感や自覚がないと思われます。
・マナーが身についていない人
入室の際ノックもしないで入る。挨拶ができないなど入室から退室までの
マナーができていない。
・面接時と普段の態度が違う人
面接は会社に一歩入ったときから始まっていると思いましょう。受付での
態度や待合室での様子をチェックしている会社もあります。
・場違いな服装をしている人
・清潔感のない人
・表情の暗い人
・ペラペラと話す人 声が小さすぎる人 ボソボソはなす人
相手の目を見て、はっきり話すように心がけましょう。
・本人についての質問に答えられない
・自己主張が強く自信過剰、自慢話が多い
・コミュニケーションが取れない人
面接官との受け答えがチグハグでうまくかみ合っていない、的の外れた
答えを言う、返答に間が空きすぎる、ダラダラと話が長い人などは
要注意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。そんな人いる?と思うかもしれませんが

以外に気付いてない方がいるのです。上記の事を気を付けてみてください。

きっと再就職できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました